【体験談】「マーケティングビジネス検定」を受けたら体系的にマーケティングを勉強できた

4 min

マーケティングを勉強しようと思うけど「マーケティングビジネス検定」とでてくるけどどんな資格?

こんなお悩みを解決します。

以前ネットマーケティング検定については記事で書きましたが、こちらもマーケティング資格の一つです。

マーケティング資格も受けてみていろいろありますが、今回フォーカスする「マーケティングビジネス検定」はどんな資格なのか、実際の業務に役立つのかを書いていきます。

本記事はこんな人にオススメ
・「マーケティングビジネス検定」の概要がわかる
・「マーケティングビジネス検定」の勉強方法がわかる

「マーケティングビジネス検定」とは

どの業界どの職種でも通用するマーケティングのスキルを磨くというキャッチコピーで売り出している資格です。

試験にはA級とB級とC級でランクが分かれています。

A級
マーケティング・戦略レベル
マーケティング・マネジメントレベル
(戦略立案、意思決定や管理、判断業務ができるレベル)
B級
マーケティング・オペレーション応用レベル
(業務の運営ができるレベル)
C級
マーケティング・オペレーション基礎レベル
(定型業務ができるレベル)

今回は一番簡単なC級について書いていきます。

試験概要は以下の通り。

試験概要

2005年設立の検定試験と比較的新しめの資格です。

マーケティングはアメリカが進んでいて、日本は遅れてきていますので資格もどんどんでてきています。。

マーケティングの文献を見ようと思うと英語のことが多いです。

試験は、マーケティング知識とマーケティング事例に分かれており、内容は以下の通りです。

マーケティング知識

・マーケティングの概要
・マーケティング・コンセプト
・戦略的マーケティング
・マーケティング・マネジメント
・市場細分化
・標的市場の設定
・マーケティング・リサーチ
・消費者行動
・製品戦略
・価格戦略
・流通チャネル戦略
・プロモーション戦略
・新しいマーケティング

マーケティング事例

1.時事問題
2.実務ケース

と基本的なマーケティング知識から実際の実務の事例まで学べるようになっています。

問題数

マーケティング知識

正誤式:10題(30点)
選択式:15題(45点)
語群選択式:10題(30点)
三答択一式:15題(45点)合計点:150点
制限時間:1時間30分

基本的には、マークシートです。こちらの知識でフレームワークなどを学びます。

あー聞いたことあるある。という内容が結構でてきます。

ネットマーケティング検定を受けた方は少し内容がかぶっています。

マーケティング事例

語群選択式:10題(20点)
三答択一式:10題(20点)
三答択一式:2題(10点)
合計点:50点
制限時間:45分

マーケティング事例を学びます。

セブンイレブンやコカ・コーラ、マーケティングの有名な会社の実際の実例などを紹介しています。

このあたりは知らないことも多いので勉強してて楽しかったです。

合格基準

2科目合計点(200点)の80%(160点)を基準として、試験委員長が定める点です。

受験料(税込)

A級
11,600円(税込12,760円)
B級
6,800円(税込7,480円)
C級
5,700円(税込6,270円)
A級・B級併願
18,400円(税込20,240円)
B級・C級併願
12,500円(税込13,750円)

併用もできますが、少し高めですね…笑

ついでにA級は難しいですが、B級は勉強すれば素人の方でもなんとかなるので併用してしまったほうが個人的にはオススメです。マーケをかじってる人は併用というかB級からでOKです。

学習時間

目安ですが、だいたい15時間〜20時間程度です。

詳細な概要に関してはこちらをご確認ください。

 

受けてみての感想ですが、以下に当てはまる人は受験することをおすすめします。

 

・マーケティングをはじめて勉強する人
・営業をしている人
・知識が虫食い状態の人

私がこの資格を受けた理由は、マーケティングをはじめて勉強するのに一番体系的に学べると思ったからです。

現実的に体系的にマーケティングを学ぼうとなった場合には、それこそ大学で専攻してガッツリ学ぶか、MBAや中小企業診断士の取得をするかなど学ぶための難易度が高いです。

ただ、そこまでのレベルを求めているわけじゃないんだよな…
ただ、全体像が学べてどういったものかがわかればいいんだよな…

という方には最適な資格です。

あと私も以前は営業をしていましたが、営業も一種のマーケティングなんですよね。

仕組み作りをして、その中でPDCAを回せたら勝ちです。

口コミって最強の営業ツールなんです。

最近の消費者は皆さんもネット検索してある程度これにしようと決めてから次に進みますよね?

だからこそ、どのように商品のことを知ってもらえるか、差別化できるかが大きなポイントになります。

マーケティングビジネス検定の勉強方法と勉強時間について

実際に私が行った勉強方法は以下の通りです。

・公式のテキストを読む
・公式の過去問題集を解く
・苦手なところを再度解く
・それを自信がつくまで繰り返す

C級であればネットマーケティング検定と同様にシンプルな勉強方法で問題ありません。
勉強時間は明記されていませんでしたが、目安としては15時間〜20時間程度で取得可能だと思います。

対策セミナーみたいなものもありますが、C級に関しては一切いりません。お金がかかるだけです。

有り余ってる人は言ってみるといいかも笑

私はだいたい15時間程度でした。

B級、A級になると変わってくると思いますが、C級のレベルであれば誰でもチャレンジしていけます。

 

「マーケティングビジネス検定」は転職や仕事に役立つ?

 

結論から言うと、C級ではちょっと素人に毛が生えたレベルですので、この資格だけでは役に立つことはなさそうです。
こちらもネットマーケティング検定と同じく辛口ですが、現場目線から言わせるとこれだけで仕事ができるわけではないです。

あくまでもマーケティングの概論やフレームワークなどを学びたい方にはオススメの資格です。

【体験談】「マーケティングビジネス検定」を受けたら体系的にマーケティングを勉強できた

いかがだったでしょうか。
もう一度受験することをオススメする人を書いておきます。

 

・マーケティングをはじめて勉強する人
・営業をしている人
・知識が虫食い状態の人
これからマーケティングを勉強しよう!!と思っている方にはオススメの資格ですので、
一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、オススメの資格については下記にまとめています。宜しければご確認ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です