考えをまとめるのに超絶便利な「MindMeister(マインドマイスター)」はどう使う?

3 min

[L5_wsbStart][L_wsbAvatar]https://kanechannel.com/wp-content/uploads/2020/01/nayamiwhite.png[L_wsbName]悩んでいる人[L_wsbText]考えをまとめるのに理想的なツールがあれば押せてもらいたい[L_wsbEnd]

こんなお悩みにお答えします。

私は考えをまとめるときはもちろん様々なケースでマインドマップを活用しています。 そのなかでも「MindMeister(マインドマイスター)」というアプリに関しては有料契約をして使いまくっています。

 

本記事では「MindMeister(マインドマイスター)」を使うメリットとや他のマインドマップツールにはない点をお伝えします。

また、ブログの考えをまとめるときなどにも利用できますのでまずは一度無料登録をしてみてください。

この記事でわかること
・「MindMeister(マインドマイスター)」とはどのようなアプリかわかる
・「MindMeister(マインドマイスター)」のオススメの使い方がわかる

「MindMeister(マインドマイスター)」とは?

皆さんは仕事やプライベートで考えをまとめるときにはどのようなツールを利用していますか?

私は今回紹介する「MindMeister(マインドマイスター)」を利用しています。

「MindMeister(マインドマイスター)」とは、マインドマップを簡単に作成・共有できるアプリケーションです。ブレストやプレゼン、会議など様々な場面で活躍します。

最近だと様々なツールがでてきており、マインドマップも有名になってきました。マインドマップにもいくつか種類がありますが、もしツールに悩んでいるようであれば、断然こちらのツールをおすすめします。

「MindMeister(マインドマイスター)」のポイント

1.データはすべて自動保存

2.複数人で共有・リアルタイムで情報を共有できる

3.GoogleDriveとの連携が超絶便利!

4.比較的安価で利用できる

オススメポイントは上記の通りです。

一つ一つ見ていきたいと思います。

データはすべて自動保存

地味に一番助かります。Excelなどのローカルで管理しているときではPCやアプリが落ちてしまったときの絶望感ありますよね…

クラウドサービスになるので最近は自動保存が当たり前になってきつつありますが、間違ってタブを消してしまっても、ブラウザが落ちてしまっても自動で保存しているので、落ちたところから再開することができます。

 

 

複数人で共有・リアルタイムで情報を共有できる

特にWEBミーティングをしているときなどは、実際に話をしながら、書き込んでいって離れた拠点でもリアルであっているかのように更新していくことができます。出来上がったマップは議事録にすることもできます。

GoogleDriveとの連携が超絶便利!

Googleドライブと連携するとGoogle Drive上からマインドマップにアクセスすることができます。

 

ツールが増えてくると、段々一つひとつのツールを開いて行くの面倒くさくなってくるんですよね。私はマインドマップ以外にも連携できるものはできる限り連携して無駄な手間を増やさないようにしています。

他のマインドマップの機能だとこのサービスはないので助かっています。

比較的安価で利用できる

「MindMeister(マインドマイスター)」は買い切り型ではなく、月額課金です。毎月費用がかかりますが、十分なほどの機能が備わっています。

また、好きなときに辞められるメリットもありますので、買い切り型よりもリスクが少なく良いと思います。※MindMeisterは6ヶ月払いです

「MindMeister(マインドマイスター)」の使い方

簡単に「MindMeister(マインドマイスター)」の使い方について紹介します。

といっても基本的な操作は直感的に操作できるのであまり困ることがないです。

1.まずはログインしてテンプレートから利用したいテンプレートを選びます。

 

 


2.操作は簡単。Shiftキーでどんどん項目を増やして使っていくだけ!!

 


 

3.右側で文字の大きさや色の設定、絵文字の設定なども可能です。

 

 


 

4.マップテーマを変更して自分好みにカスタマイズすることもできます。

 

 


5.添付ファイルやURLをつけてマインドマップ上から別のURLや添付ファイルを開くこともできます。

 

 

これらのように直感的でかつ、多くの機能が備わっています。

まずは無料で使ってみましょう!

先程も記載しましたが、MindMeisterは有料にすると6ヶ月払いからになります。まずは、3つまでの作成になりますが、無料で利用して気に入ったら有料に変更していきましょう。

「mindmeister(マインドマイスター)」を使ってみる

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です