【体験談】「ネットマーケティング検定」は受ける必要ある?合格までの勉強方法を解説

3 min

マーケティングの資格を調べると「ネットマーケティング検定」とでてくるけどどんな資格?取得する必要はあるの?

こんなお悩みを解決します。

マーケティングを体系的に勉強しようと思ったときには本を読んだり、ブログを見たりと様々な方法が考えられますが、
資格取得を考えたことがある方もいるはず。

マーケティング資格も様々ありますが、今回フォーカスする「ネットマーケティング検定」は実際マーケティングを実行するのに役立つのか、
転職に役立つ等書いてあるが実際はどうなのか気になっている人も多いと思います。

本記事では今回はマーケティング資格であるネットマーケティング検定についての概要と合格までの勉強法について書いていきます。

本記事はこんな人にオススメ
・「ネットマーケティング検定」の概要がわかる
・「ネットマーケティング検定」の勉強方法がわかる

「ネットマーケティング検定」とは

「ネットマーケティング検定」とは

ネットマーケティング検定とは
マーケティングサイドに立った、体系的、網羅的に学習する本格的な検定

ネットマーケティング検定公式HPより抜粋

試験概要は以下の通り。

試験概要 問題数 解答形式 合格基準 受験料(税込) 学習時間
インターネットマーケティング総論/インターネットマーケティング各論/関連知識/事例問題 40問(基本問題30問+事例問題10問) マークシート(4択) 得点70%以上 6,000円 15時間〜20時間程度

公式にも書いてあるとおり、マーケティングの概論(歴史)からリサーチ、PR・ブランディング、効果測定、はたまた外注管理まで様々な分野を浅く広く学ぶことができます。
詳細な概要に関してはこちらをご確認ください。

 

受けてみての感想ですが、以下に当てはまる人は受験することをおすすめします。

 

・ブログや本を読んで様々な知識を持っているものの、知識が虫食いの人
・ブログをはじめてマーケティングに興味を持った人
・学生でマーケティング分野の仕事に就きたい人

私がこの資格を受けた理由は、知識が「虫食い」の状態だったからです。

急にマーケティングの担当になって、様々な本や記事を読んだもののマーケティングの全体像をつかめず、
自社の狭い範囲のマーケティングの仕事しかしていませんでした。

 

個人的には「マーケター」という言葉を使える人はごく一部でほとんどの人は「マーケター」の域まで達していません。
アクセス解析をしているだけの方やアンケート調査をしているだけな人など専門的な内容をやっている方が多いです。
それほどマーケティングの範囲は広いと思います。

じゃあマーケティングってどこまでが範囲なの?どんなことをするの?という学びを得たい方にはオススメな資格です。

あとは学生の方で「マーケティングの仕事ってどういったものなのか?」という一歩目として学ぶにもオススメです。

インターンに行って学ぶほうが確実に自分の力になりますが、その会社がすべてになってしまうのでまずは概論を学んだ後にインターンも受けるほうがよいでしょう。

いままで数多くの面接をしてきましたが、全く無知な状態で来られてもな・・・というのが本音です。

やる気があればOKではありますが、やはり自分と一緒に働く観点ではある程度の知識を持っている人を採用するかと思います。

ネットマーケティング検定の勉強方法と勉強時間について

実際に私が行った勉強方法は以下の通りです。

公式のテキストを読む
公式の過去問題集を解く
・苦手なところを再度解く
・それを自信がつくまで繰り返す

かなりシンプルです。公式HPでも15時間程度といっている通りサクッと学べてサクッと資格がとれます。

私の勉強時間は15時間くらいだったと思います。

実際の勉強方法は先程あげた通りですが、始めは自分の知識を試すためにあえて公式のテキストを読まずにチャレンジしてみました。

意外と半分くらいしか取れなかったのでショックでした笑

ただ、一度公式のテキストを読んで問題集に挑んだら問題なく合格しましたので、マーケ知識のある方であれば、それこそ10時間程度でも受かるのではないでしょうか。
また、マーケティングを勉強したことがない学生の方でもしっかり15時間〜20時間程度で問題なく合格できると思います。

(といいつつ実際の試験では80%程度でそんなに余裕のない合格でしたが笑)

また、実際の試験の際には、某大学にて試験を受けましたが、受験数は意外と多いですが申し込みはしたものの試験に来ない方も多かったです。

その教室だけですが、7割くらいが女性で年齢的には若い方(20代〜30代)が多く、異動等でマーケ職に就いた方が業務命令もしくはスキルアップとして受けに来ている印象でした。

 

「ネットマーケティング検定」は転職や仕事に役立つ?

「ネットマーケティング検定」は転職や仕事に役立つ?

結論から言うと、この資格だけでは正直仕事やマーケティングの業務にはなんの役にも立ちません。
転職も未経験者歓迎の募集でちょっとした+αになる程度です。

 

ただ、実際私はいま本業でマーケティング業務を行っていますが、当たり前に使う用語や内容などもこの資格から得たことは多いです。

あくまでもマーケティング知識の全体像を学びため、知識を確かめるために受験する意識を持つことが必要だと思います。

【体験談】「ネットマーケティング検定」は受ける必要ある?合格までの勉強方法を解説

いかがだったでしょうか。
もう一度受験することをオススメする人を書いておきます。

 

・ブログや本を読んで様々な知識を持っているものの、知識が虫食いの人
・ブログをはじめてマーケティングに興味を持った人
・学生でマーケティング分野の仕事に就きたい人

 

正直転職や仕事には役に立つことはあまりありませんが、
マーケティングを知る第一歩として受験してみてはいかがでしょうか。

また、オススメの資格については下記にまとめています。宜しければご確認ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です