【まとめ】意外と理解されていない?「パレートの法則」を3分で理解する

2 min

[L5_wsbStart][L_wsbAvatar]https://kanechannel.com/wp-content/uploads/2020/01/nayamiwhite.png[L_wsbName]悩んでいる人[L_wsbText]パレートの法則ってよく聞くけどあまり理解していない…[L_wsbEnd]

こんなお悩みにお答えします。

 

パレートの法則は「20:80の法則」や「パレート分布」などと呼ばれていてビジネスの世界では有名です。
ただ、その割合だけ知っているだけでどのように活用するのかを理解している人があまりいないのではないかと思います。

 

この記事では「パレートの法則」とはどういう法則なのか、どのように活用すればいいのかを解説します。

この記事を読んでわかること…
・パレートの法則の意味がわかる
・パレートの法則の活用方法がわかる

ブロガーの間でも有名な「パレートの法則」とは

「パレートの法則」とは、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートが発見した法則のことで「20:80の法則」「2:8の法則」と呼ばれています。

 

要は原因のうちの小さな割合が、結果の大きな割合になっているということです。
簡単にパレートの法則が当てはまるシーンを見ていきます。

 

  • 100匹の働きアリのうち、実際に働くのは2割の働きアリ
  • 仕事の成果の8割は、実際に費やした時間の2割の時間で生み出している
  • ブログの8割の記事は誘導で、売上を出す記事は2割

 

 

パレートの法則については経済学だけでなく、マーケティングや営業などの日々の生活の中にも落とし込むことができます。

 

この法則を意識しながら、仕事や副業を続けていると無駄な作業をなくすことができるため、業務の効率化を図ることができます。

ブログでの「パレートの法則」の活用方法

この記事を見ていただいている方はほとんどの方がブロガーの方かと思います。

ブロガーの場合にパレートの法則を当てはめるのであれば下記のように当てはめることができます。

 

訪問数:上位2割 / 全体アクセスの8割を占めるほどのアクセス

 

すべての記事が満遍なく読まれることもあるかもしれませんが、基本的にはどこかの記事にアクセスが集まります。

収益をさらにあげるためには、その上位2割の中でアクセス数が下がっているものや情報が昔のままになってしまっているものなどがあれば、リライトするなりしてテコ入れをしてみるとよいかと思います。

 

新規で記事を書いたり、ほとんど見られていない記事をリライトするよりは大きな効果が望めるはずです。

意外と理解されていない?「パレートの法則」を3分で理解する まとめ

いかがだったでしょうか。

 

ある程度記事数があるようであれば、一度アクセスを見た後に上位20%を対して力をいれていくことで、
思いもしないほど効果が出てくるかもしれません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です