サイトマップは作る必要があるの?作成の理由から作成方法を解説!

2 min

[L5_wsbStart][L_wsbAvatar]https://kanechannel.com/wp-content/uploads/2020/01/nayamiwhite.png[L_wsbName]悩んでいる人[L_wsbText]サイトマップって作る必要があるの?[L_wsbEnd]

[R5_wsbStart][R_wsbText]サイトマップはSEOを考える上で必須です!是非作っていきましょう![R_wsbAvatar]https://kanechannel.com/wp-content/uploads/2020/01/profile.png[R_wsbName]かねちゃん[R_wsbEnd]

サイトマップは、サイトを見に来ている人のユーザビリティを上げる他にも、
検索エンジンに効率よくサイト内容を伝える役割を持っています。

実は内部と外部の2パターン設定の必要があります。
この記事を見ていただければ簡単に設置できますのでご確認ください。

今回は、SEOで上位を狙うためには必須なサイトマップについて説明していきます。

この記事を読んでわかること…
・サイトマップがなぜ必要かがわかる
・サイトマップの作成とプラグインの設置ができるようになる
・サイトマップをGoogleに送る方法がわかる

サイトマップとは

サイトマップとは一言でまとめると「自分のブログ全体の地図」のことです。
サイトマップは簡潔にいうと2種類あります。

XMLサイトマップ

Googleさんやyahooさんにこのサイトはこんな作りをしていますと伝えるためのマップです。

こちらは読者の目に触れることはないですが、SEO対策としては必須です。
こちらを設定しておくことで、作成してすぐのページをGoogleさんに知らせることができます。
(更新したらGoogle Search Consoleに登録する必要はあります。)

あまり聞き慣れませんが、「XML」という言語で書かれているためXMLマップと呼ばれます。

HTMLサイトマップ

こちらは例えばブログの中などで見たことがある方も多いと思います。

HTMLマップはサイトに来てくれた読者に対して、
このサイトはこのような作りをしていて、こんなコンテンツがありますよと伝える役目をしています。

そうすることで読者のユーザビリティをあげて、長時間滞在してもらうことができます。
要はサイトの中で迷子を作らないように作るマップという認識をもっていただければ問題ないです。

前はSEO対策としても有効だったようですが、現在ではXMLマップがその役目を果たしているため、
SEOの効果としては薄いようです。

サイトマップの作成方法(WordPressのプラグインを利用)

XMLサイトマップの作り方

WordPressを利用されている場合には、「Google XML Sitemaps」という便利なプラグインがすでに用意されていますので、このプラグインを有効化するだけでサイトマップが作成されます。

「All In One SEO Pack」のいうSEO対策に必要なプラグインでもXMLマップは作成できますが、個人的には、「Google XML Sitemaps」のほうが使いやすいのでこちらを利用しています。

HTMLサイトマップの作り方

WordPressを利用されている方「は「PS Auto Sitemap」というプラグインを使うと、
簡単にHTMLサイトマップを作成できます。

こちらもプラグインを有効化するだけで簡単にサイト内のコンテンツをまとめて表示することができるようになっています。
HTMLサイトマップをのプラグインもいくつかありますが、他のプラグインを使うのであればまずはこちらがオススメです。

デザインも16種類から選べますのできっと自分にあったデザインが見つかるはずです。

サイトマップは作る必要があるの?作成の理由から作成方法を解説! まとめ

WordPressでサイトを作成したらプラグインで簡単にできますので、まずはサイトマップを作成してみましょう。
プラグインを利用するだけでユーザビリティもあがり、クロールもされやすくなり上位を狙いやすくなります。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です